診療報酬レセプト請求のミスを防ぐために

 

病院や診療所・クリニックの経営を軌道に乗せていく上では、もちろんのこと収益の安定性が当然必要となってきます。医療事業の場合は、月に一度所属している国保連などに診療報酬の請求を行います。通称レセプトやレセと呼ばれていますよね。
病院の運営と収入に関わるものですから、このレセプト請求の段階でミスをすると診療報酬が支払われず、運営や経営を圧迫する要因になりかねません。当然のことながら、正確さが求められます。
では、どうすればレセプト請求のミスを防ぐことができるのでしょうか。

レセプトミスはどこで起きる?

最近はコンピュータで管理や請求をすることができる、レセプトコンピュータ、通称レセコンと呼ばれるものが導入されています。すべてを手作業で行っていた時代に比べて、レセプトミスは大幅に減っていると言えます。
しかし今でも手作業で処理しなければならない部分もありますよね。そこで人為的なミスが生じる危険性は当然考えられます。
・レセプトの請求業務にまだ慣れていない人が作業を行った場合
・診療報酬の改訂などが認識されていない場合
・その他の調整されている部分に気づかずに行った場合
・カルテなどの書類がきちんと整理がされていない場合
などの事項により、最終的なレセプトミスに繋がる要因が考えられます。
レセプト請求のソフトを導入している病院や診療所・クリニックが大半だと思いますが、そのソフトのアップデートを怠って請求ミスに繋がるといった場合も稀にあります。
その医療施設にコンピュータに詳しい職員がいればすぐに気が付く事だと思いますが、そういった知識を持っている人がいない環境ですと、ミスが発生して正確な請求を行なうのが難しくなるかもしれません。
レセプトのミスやチェック漏れが起きやすい場面

・単純な計算ミスや記入漏れ
・日頃からの、カルテなどの書類整理の不備
・関連法規の改定や調整に関する認識漏れ
・診療点数の理解不足
・操作ミス

などが考えられます。
定期的なレセコン勉強会を開いて、レセプトミスを行なわないようにしている医院や診療所・クリニックもあります。
自前で勉強会が開けない場合は、システムメーカーに問い合わせて講習会や勉強会の開催をお願いするのもひとつの方法ですね。さらに、優秀な事務処理能力に長けた経験のある事務員を雇ったり、教育したりすることも大切になってきます。
さらにレセプト代行業者に一括して外部委託することにより、多少経費費用はかかりますがミスが減りや漏れなく請求できるので、結果的に経営の安定に繋がる場合もあります。
レセプトの請求業務は、医療事業を行なう上で収益と直結している非常に大切な部分です。収益の面で考えると最も大切な業務ともいえます。資金繰りの問題から、診療報酬ファクタリングを利用しようと考えても、レセプト請求そのものに不備があっては利用する事もできませんからね。
レセプト請求のミスを減らす、無くしていくことで、安定した資金繰り、経営を行なっていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です