いつ診療報酬ファクタリングを活用する?

あなたが経営する病院や診療所・クリニックにおいて、一年のうちに何度となく、資金繰りが厳しくなると言うことはありませんか?
たとえば2月。他の月に比べて、稼働日数の少ない様な月や、5月や9月といったように祝日が多い月など。

当然のことながら診療日数が少なくなりますよね。当たり前のことですが、診療日数が少なくなると同時に、その月の診療報酬も少なくなってしまいます。
レセプト請求の後、国保連から支払われるのは、2か月後ですので、稼働日数の少ない2月の場合は、4月。

5月の場合は7月。この様な月は他の月とは異なり医業収入が少なくなる傾向がみられると思います。

いつもの月よりも収入が低くなると言うことは、その分資金繰りも厳しくなってくることに繋がります。

 

この様に、医業収入が少なくなると想定される際に、医療報酬ファクタリングを利用することで、その月の支払い等の負担軽減に、大きな効果を得ることが期待できます。

診療報酬ファクタリング-医療機関専門の資金調達の方法についてご紹介しています

ほかにも、新たな医療器具や備品等を購入した月。職員に対して賞与を支給する月など、通常よりも余計に経費の掛かる時というのは、予め予測可能だと思います。
この様に、予測されたタイミングに合わせて、診療報酬ファクタリングを利用すれば、無理なく効果的に、あなたの医院や診療所・クリニックの資金繰りに余裕を生むことが可能になると思います。

診療日数が少なく、収入減が予測される月の、2か月後の資金繰りを改善するため
職員の賞与支給月や設備・備品購入による、支払いの多い月の資金繰りを改善するため

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です