診療報酬ファクタリングの利用

診療報酬の規定改訂等の影響もあり、病院の経営が安定しない…

ちかくに新しくできた医院の影響で、患者さんが減少傾向に…
新しい設備を導入したいけれど、新たな融資は期待できそうにない…
資金繰りが厳しい、どうにかならないだろうか…
「診療報酬ファクタリング」というのを聞いたけど?実際どういったものなの?
上記のような疑問や悩みをお持ちの医療施設の経営者の皆さま、このサイトがお役に立てることと思います。
全国の病院や診療所・クリニックなど、医療施設全体の約4割は赤字経営だと言われています。診療報酬の改訂も打撃になっていると嘆く先生方・医療経営者の方も多くおられます。

現実的に経営は厳しいが、長年通ってくれている患者さんや、頑張ってくれている職員の生活もあります。
なんとか再び安定した経営に戻せないものか?そうお考えの医療関係者がほとんどだと思います。

この地区から病院や診療所・クリニックが無くなってしまうのは、地域の皆さまの健康と安心を損なうことに繋がってしまい、地区としても大きな損失となってしまいます。何とか改善して今まで通り運営していきたい、その様に考えていらっしゃることと思います。
ご利用いただいている患者様や頑張ってくれている職員のためにも、何とか経営を立て直し、経営を維持したい!
しかし現実的に、銀行や他の金融機関から新たな融資や借入を受けることは期待できない状況かも知れません。
銀行や金融機関は、「晴れた日は傘を差しだし、雨が降ると傘を取り上げる」と昔から揶揄されてきました。
しかし、現実的にその様なことが起こってしまう事があります。

「慎重に検討させて頂きましたが、今回の融資のご相談はお断りさせて頂くことになりました」

頼りにしていた、銀行や金融機関からのこの様な無情な通達を受ける場合もすくなくありません。

現実的に、銀行や金融機関は経営が厳しい、医療施設に融資や借入を行わないことが多い

銀行や金融機関は、経営が厳しい状態にある医院や診療所・クリニックへの新たな融資などは、ほとんどの場合、承認してくれないのです。有効な担保や信用できる保証があれば話は別ですが、そういった具体的なものが見込めない場合は審査が下りること難しいといえます。

銀行や金融機関などからの、融資や借入が受けられない場合、どうやってあらたな資金を調達すればいいのでしょうか?
そういった時に大きな働きをしてくれるのが、「診療報酬ファクタリング」といわれるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です